老化にコラーゲン

老化の原因

人間は、どうしたって老化していきます。

 

それは体全体に言える事ですが、女性の場合、お肌の老化はとても気になるところだと思います。

 

お肌が老化する原因は、何なのでしょうか?

 

じつは、大きく分けて4つあります。

 

ご紹介しましょう。

食生活を見直しましょう

まずは、紫外線のダメージです。

 

紫外線ダメージによって、しみやしわを作り、肌を衰えさせてしまいます。

 

次に、皮脂量の低下です。

 

若いうちは、分泌が盛んで、皮脂も充分あったお肌も、加齢とともに、乾燥を招き、お肌のしわを増やしてしまうでしょう。

 

また、細胞の酸化は、活性酸素により引き起こされ、肌を老化させ、しみをつくってしまうのです。

 

加齢によるお肌の老化は、加齢とともに衰える肌機能により、お肌のハリやつやがなくなり、様々な肌トラブルを引き起こすと言われています。

 

このようなお肌の老化も、できる限り最小限に留めたいですね。

 

これらのお肌の老化の原因をまとめて改善するアンチエイジングの方法として有効なのは、毎日の食事です。

 

一番最初に大切なのが、ビタミンCです。

 

ビタミンCは、皆さんもご存知かと思いますが、しみやそばかすを予防防止します。

 

そして、それだけでなく、コラーゲンを生成する作用もあります。

 

紫外線のダメージによるしみやしわ、加齢によるコラーゲンの減少に効果が期待できるでしょう。

 

ビタミンCを多く含む食材を、積極的に毎日の食事に取り入れていきましょう。

 

代表的なものは、柿やイチゴ、小松菜ですね。

 

次に、細胞の酸化に効果があるのはビタミンEです。

 

アーモンドや落花生、カボチャやうなぎに多く含まれるビタミンE。

 

この栄養素には、抗酸化作用があります。

 

活性酸素対策には欠かせないビタミンなのです。

 

紫外線のダメージや皮脂量の低下、加齢にはヒアルロン酸がいいです。

 

ヒアルロン酸も最近話題のものですよね。

 

ヒアルロン酸は肌の水分を保持するために欠かせない物質です。

 

哺乳類の肉や内臓、皮などから摂取することができます。

 

高い保湿効果がありますから、肌のはりや潤い、しわの改善などの効果が期待できます。

 

食生活を見直して、このような栄養素を積極的に摂取することで、お肌の老化対策につながります。